男性

受付対応は秘書代行を活用|接遇のプロにお任せしよう

ネットワークの防御手段

オフィス

ウィルス感染が最大の脅威

会社内では主にパソコンを利用して作業を行います。一つ一つの端末は独立しているのではなく、一つのネットワークの末端として利用しているケースが多くなっています。インターネット等外部のネットワークに接続できる事を許可している場合もありますが、それと同時に社内ネットワークの上で管理されている状態にあるのが一般的です。人数が多くなればその分パソコンの台数も多くなりますが、一つ一つの端末に何がインストールされているのか不明の場合、社内ネットワークにウィルスなどの感染を及ぼすことが懸念されます。そこで会社内で使用するパソコンの多くには制御がかけられています。許可されたもの以外のプログラムはインストールできないように自動制御がかけられているのです。

24時間体制の自動監視

もしインストールをしてしまった場合には、自動制御その情報がアラートしてあがるか、もしくは自動的にアンインストールさせます。この自動制御は24時間体制で監視できるため、専属の人を準備したりする必要はありません。ネットワークで一番怖いのはウィルス感染です。どんなに優れたウィルス検知ソフトを導入しても、新しいウィルスが次々とインターネットを介して襲ってきます。そのため、迅速な対処が求められる為、定期的なチェックなどでは手遅れになる可能性があるのです。従って、これらの監視を行うためには24時間体制の自動制御を取り入れるのが一番効果的なのです。自動制御の結果によっては、ネットワークを自動切断するなど回避する要件を加えるのが理想です。